日刊大衆TOP 芸能

三十路でオヤジ好みエロ進化!深田恭子「極上ボディ秘密」 vol.2

[週刊大衆12月10日号]

実際、11月2日の深田の30歳の誕生日に、2人は一緒に過ごしていたという。
「留守中の深田のマンションから、何度も買い出しに行く五十嵐の姿がキャッチされていますから、おそらく誕生日パーティーの準備をしていたんでしょう。買い物の様子からすると、この日のメニューは、しゃぶしゃぶだったといわれていますね」(前同)

五十嵐は調理師免許を持っているほどの料理上手。この日ばかりでなく、深田の食生活を支えているのは彼だという話もある。
「深田は太りやすい体質で、これまでダイエットとリバウンドを繰り返してきましたが、この1年、男好きする理想的な体型を保っています。これは五十嵐の栄養管理の賜物。フェロモンの過剰放出も、彼のお手柄だといわれていますね」(芸能プロ関係者)

だが、この五十嵐だけでなく、いままで噂になってきた数々の男たちも、深田のお色気と極上ボディの養分となってきたことは間違いないだろう。
「深田ほど多くの男性の名前が取り沙汰される女優は前例がありません。まさに"恋多き女"ですね」(前同)

97年に15歳でデビューした深田は、早くも、その翌年に初スキャンダルを経験している。
「お相手は、大ブレークのきっかけとなったドラマ『神様、もう少しだけ』で共演した金城武でした」(ワイドショー関係者)

それ以降、男性スキャンダルが続々と報じられ、現在までの15年間、途切れたことがないといわれているほど。少年隊の東山紀之、人気脚本家の野島伸司、そして99年には、KinKiKidsの堂本剛と噂になった。
「なんでも、当時の好みのタイプが"白馬に乗った王子様"だったようで、及川光博や玉木宏などの王子キャラの"大物食い"を続けてきました。その後、くりぃむしちゅーの有田哲平を挟んで、タイプが"年下or格下の王子様"に変わったようですね」(前同)

05年には内田朝陽、07年には載寧龍二との熱愛が発覚しているが、いずれも深田よりも格下か若手のイケメン俳優だ。
「さらに、プロ入り前の"ハンカチ王子"斎藤佑樹投手との焼肉デートもあり、09年には、イケメン俳優で清水アキラの息子の良太郎との交際が発覚。そして、現在の五十嵐ですから、好みは一貫していますね」(前同)

まさに男を芸の肥やしにして、"お色気モンスター"へと成長してきたことがわかるというものだ。

映画評論家の秋本鉄次氏は、そんな深田に期待を込めて、こう語るのだ。
「写真集もいいですが、映画で大胆露出してこそ、時代のセックスシンボルとして認められますからね。三十路に突入し、心身ともにピークを迎えたいまが、まさに"脱ぎどき"ではないでしょうか」

深田が脱ぐ――日本の全男性のエッチな夢が現実のものとなる日は、そう遠くなさそうだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.