日刊大衆TOP 芸能

新婚女子アナ「アッツアツSEXライフ」調査報告 vol.1

[週刊大衆12月10日号]

テレビの前では清楚で可愛い女子アナも、"人の妻"となれば、夜は夫の前でしか見せない"素顔"を晒しているに違いない!それがアツアツの新婚さんなら、なおさらだろう。

そこで今回、本誌は業界関係者から漏れ伝わってきた証言をもとに、新婚女子アナたちの"夫婦の寝室"を、覗き見実況リポートする。

まずは、今年7月に4歳年上の同僚ディレクターと入籍した元フジテレビの平井理央(30)の寝室模様から。
「ある人に聞いた昨年の忘年会の話ですが、当時、すでに結婚していた中野美奈子が平井とコソコソ話していたそうです。近くに寄って聞き耳を立てていると、中野が"ちゃんとセックスしてんの?"と小声で質問。すると、平井は"ちゃんとしてますっ!"と、嬉しそうに話していたというんです!」(フジテレビ関係者)

ちなみに平井の夫は、6年前に軽井沢で「お泊り愛&車チュー」がフライデーされた男性である。
「誘惑の多い芸能界において、いまの夫以外とスキャンダルがなかったことを考えても、よほど体の相性がいいんでしょう」こう語るのは芸能ジャーナリストの片岡亮氏。

9月にフジを退社して以降、仕事をしていない平井。それこそ毎晩、寒さも忘れて愛の巣で励んでいそう!?

一方、結婚後もバリバリ仕事をこなしているのが、昨年10月に、ゆずの北川悠仁と結婚した高島彩(33)。
「フリー転身後もカゴメや花王などの大手企業のCMのほか、『世界は言葉でできている』(フジ)にレギュラー出演中です。しかし、これでもかなり仕事をセーブしているんです。理由はズバリ子作り。フジ時代から常々、"子供が欲しい"と話していましたからね」(女子アナ評論家・高島恒雄氏)

オメデタ報告こそまだだが、本誌は今回、こんな情報も入手した。
「03年に熱愛が報じられた競馬ジョッキーの武幸四郎は、"アヤパンはお酒を口移しで飲ませてくる"とか、"馬乗りになって、もう逃がさないと、セックスをせがんでくる"といった話を親しい関係者に吹聴していたそうですよ」(片岡氏)

上品なルックスなのに肉食系なのだ。さらに夫婦の寝室には、こんなモノも!
「彼女は新人の頃、番組でいろんなコスプレをさせられていたんです。そのとき、気に入ったモノがあると、"もらっていい?"といって、持ち帰っていたんですね。その中には峰不二子ばりのガーターストッキングもあったとか(笑)」(制作会社スタッフ)

いまも彼女のクローゼットにはコスプレ衣装がズラリ!? そのガーターベルトで夫を誘惑しているかも。

肉食系の新婚女子アナでは、今年4月に年下の一般男性と結婚して、来年3月には出産予定であることも発表した石田エレーヌアナ(30)も忘れてはいけない。
「彼女は女子アナ界最強のエロキャラで、『幸せ! ボンビーガール』(日テレ)で、男性が好む下着の色をテーマにトークした際、"どうせすぐに脱がしちゃうから、下着は何色でもいい"と豪語したほど」(高島氏)

下着をチンタラ脱がされるのが嫌いなエレーヌ様。下ネタをアケスケに語る彼女らしく、夫との夜の営みもアチコチでブチまけていた。テレビ局関係者が「本人から直接聞いた話」として、こう証言する。
「彼女はセックスするとき、自分から飛びついてベッドになだれ込むそうです。さらに、"動物のようにヤロうよ"と誘うんだとか」

なんともはや……さすが女子アナ界の"百獣の女王"である彼女らしい。

一方で、噂ひとつ聞こえてこないのが、今年の8月に同じテレ朝社員と結婚した市川寛子アナ(33)だ。
「もともと市川はインドア派で、飲み歩いたりしない。下ネタを振ったら、顔を真っ赤に紅潮させてしまうほど、ウブな女性なんです」(テレビ局スタッフ)

社内結婚した夫も女遊びの噂がない真面目な男性と、もっぱら評判なのだ。
「そんな2人ですから、社内でも結婚祝いにセックスのハウツーのDVDを渡そうかと、冗談交じりで話していた同僚もいましたよ。キスもしてそうにない雰囲気の変な夫婦です」(前同)

12月06日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.