日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】キングはなぜ超絶なのか

競馬新理論 井崎脩五郎
キングはなぜ超絶なのか



「キング」という言葉が、逆L字型に交わっていたことがある。今年2月16日(日)の小倉2R。

5番 アスター(キ)(ン)(グ)
6番 ムニ(ン)
7番 ステー(キ)

トランプの七並べで、絵札のキングは13として取り扱われる(ジャックが11、クイーンが12)。出馬表に現れたこのキングというサインは、13番を買えということなのか。

このレースで13番に入っていたのはトーセンプリモだった。同枠にクイーン馬名(エルクイーン)が同居している点でも、トーセンプリモはいかにも狙い目だった。

このトーセンプリモ、実はチークピーシズで一変した馬としてよく知られている。デビューから4戦、すべて大差負けだったのに、5戦目にチークピーシズを装着したら人気薄でいきなり2着、そのあとすぐ2勝を挙げた。

1000万下に入ってからは「0005」と鳴かず飛ばずだったが、このキングというサインのあと押しを受けて激走するか。

注目していたら、好位付けから粘りに粘り3着に来た(複勝310円)。これで、ゼッケン13番では「1010」と着外なしだ。

ちなみに人間は、両手の指(10本)と両足(2本)を使って12まで数えられるが、13は計算の埒外。で、13に超絶=王様の意味が付いたという説がある。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】キングはなぜ超絶なのか

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.