日刊大衆TOP プチ鹿島

高校野球界きっての「悪役哲学」にプロレスの影を見た。

2014-08-02

プチ鹿島の連載コラム 「すべてのニュースはプロレスである」

日常会話で「悪役」という存在を何かで例えるとしたら?

「最近はわかりやすい悪役がいないからわからない」。ヨメは考えながら「ジョーカー」の名をあげた。『ダークナイト』(2008年)でヒース・レジャーが演じた役柄のことだ。

では年配の人にもまんべんなく伝わる悪役は誰だろう。

雑誌「ナンバー」858号(7月31日発売)の高校野球特集を読んでいたら、「我ら勝利主義者として」という企画で「高嶋仁(智弁和歌山)×馬淵史郎(明徳義塾)」の監督対談が載っていた。

夏の甲子園史上、最も多くの勝利を挙げている高嶋と、平成年代以降では高嶋に次ぐ白星を誇る馬淵。馬淵は明徳義塾の監督二年目の1992年に「松井秀喜、5敬遠」を指示して「世紀の悪役」になった。

馬淵は対談のなかで高嶋に《私のような「高校野球界のデストロイヤーかタイガージェットシンか」と言われている人間と親しくしていただいて》と感謝している。

デストロイヤーとタイガージェットシン。ふたりが活躍した時代は60年代から80年代まで長いタイムラグがある。逆に言えばこの期間はテレビを通じてプロレスは「悪役配給」を一般世間の人々に提供していたとも言える。プロレスの悪役力のすごさを垣間見た「会話」であった。

さて、その馬淵はこの対談で《僕は、野球の作戦に「好き嫌い」の個人差はあってもいいけど、「良い悪い」はないんじゃないかと思っているんです》と語っている。悪役哲学ともいってもいいこの腹のくくり方は、青春とか聖地とか夢とか美辞麗句で仕上げられている高校野球とその報道体制のなかでは「プロ」として目立つ。

《6月いっぱいはメチャクチャ追い込みます。選手は6㎏も7㎏も痩せて、頬がこけて。それでも目つきだけがギラギラしているような奴が、夏の大会で活躍するんですよ。》(馬淵)

7月に入れば期末テストがあるから少し練習を落とすという。それが調整になるという。他と考え方が違いすぎる気がする。

馬淵監督率いる明徳義塾は今年の夏も甲子園にやってくる。5年連続。きれいごとが多い世界での「リアルな悪役」にやはり注目だ。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.