日刊大衆TOP 芸能

新婚女子アナ「アッツアツSEXライフ」調査報告 vol.3

[週刊大衆12月10日号]

「『とくダネ!』(フジ)のアシスタントを務めていた頃、小倉智昭に嫌味をいわれると、へこんだ表情をしていましたが、あれは生粋のM女の証拠です。ああいうタイプは、疲れて帰ってきた夫に"おら、咥えろよ"と命令されたほうが興奮するんです。意外とSMチックなプレイもやっているんじゃないですか」(下関氏)

ことほどさように、新婚女子アナたちの夜の閨房は淫らなものばかり!?

最後に"結婚間近"といわれる、この2人の寝室も調べてみた。

1人目は、ナインティナイン・矢部浩之と年内にもゴールインしそうなTBSの青木裕子アナ(29)だ。
「このカップルは明らかに主従関係ができていますね。あるTBSプロデューサーから聞いたのですが、青木は"気分が乗らないとセックスしたくない"といってはばからない女性なんです。一方、矢部は青木との交際を聞かれるたび、"大変なんだよ~"と嘆いています。この発言から邪推すると、矢部は完全に"性奴隷"となっていますね」(片岡氏)

将来、2人の寝室からは「もっと舐めなさい!」なんて声が聞こえてきそう!?

もう1人が巨人の長野久義との"半同棲"が報じられたテレビ朝日の下平さや
かアナ(39)だ。
「FRIDAYに車チュー写真がスクープされてから2年が経ちます。これだけ長続きしているのは、下平アナの熟女テクに長野がメロメロだからでしょうね」(高島氏)

こちらの寝室では、夫の喘ぎ声のほうが大きく響きそうで……。

テレビの前では清楚に見える新婚女子アナも、夜のお仕事を熱心に励んでいるようですね。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.