日刊大衆TOP トレンド

快眠外来 第1回 夏の寝苦しさは、温度よりも湿度が問題


眠りの女王がゆく、不眠征伐、快眠への道

不眠に悩む日本の民、2500万人――。なんと5人に1人。眠りになんらかの不満がある、となると3人に2人というデータも。ありがたいことにワタクシ、眠りの不満はほぼ感じたことはございません(オトコの不満、オカネの不満は満載ですが……)。いつでもどこでも3分で眠れるタイプ。ただ、最近の熱帯夜だけは、カンベンです……。

そんな眠れる美女(?)のワタクシに、なぜか舞い込んだ〝不眠攻略企画〟。「快眠がキーワードなら、なんでもいいからさ。手当たりしだいにやってよ」とのたもうハラダ編集長。さては、ライターに逃げられた……?

「セックスで眠るとか、抱かれ枕とか、脳に電流流せば眠れるとか……ウワサで聞いたことがあるんだよ。ぜひ不眠で苦しむ読者のために、真実を探求してほしい」。熱く、暑苦しく(!)語るハラダ編集長。

本当にそんなことで不眠は解消するの!? そうカンタンにいくはずない、と思うけど、なぜか好奇心が湧いてきた。2500万の不眠の民のためとあらば、正義の快眠女王となって立ち上がるしかないかしら……。ギャラ安いけど……。

というわけで、「手当たりしだい」、でもきっちり取材して、“快眠話”を書いてゆきます。どうぞ、よろしくお願いします。

次ページ >> 快眠外来 第1回 夏の寝苦しさは、温度よりも湿度が問題

快眠外来 第1回 夏の寝苦しさは、温度よりも湿度が問題

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.