日刊大衆TOP 社会

「スパイばりの手口で警官が交番内盗撮!?」他、今週の「わいせつ事件」まとめニュース

手口はスパイばり!? 警官が交番内で盗撮
埼玉県警は25日、女性のスカート内を盗撮したとして草加署の男性巡査(28)を迷惑行為防止条例違反容疑で停職3月の懲戒処分とした。元巡査は2012年夏ごろから、腕時計型の特殊なカメラなどを駆使し、交番を訪れる女性らの動画を撮影していたという。元巡査は駅のエスカレーターで、デジタルカメラを入れたバッグを女性のスカート内に差し入れたり、交番などでペン型のカメラを使うなどし、他に41件の盗撮動画を撮影していた。

盗撮後、社員証を落として御用
仙台中央署は28日、迷惑防止条例違反容疑で、宮城県岩沼市のJR社員(26)を逮捕した。男は6月30日午後7時ごろ、JR仙台駅前で、17歳の女子高校生2人のスカート内を、バッグにクリップで取り付けた小型カメラで撮影したという。盗撮に気付いた他の客が取り押さえようとしたところ逃走。逃げる際に社員証とカメラを落としていた。後日、男は社員証を紛失したと県警に届け出ていた。

張り込み中、婦人警官にキスした巡査部長
張り込み中の捜査車両内で、後輩の女性警察官に無理やり抱きついてキスや胸を触るなどし、強制わいせつ罪に問われた岡山西署の巡査部長(37)に、岡山地裁は懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡した。裁判官は「捜査を台無しにできないと考えて、声を出せない被害者に対し、執拗にわいせつ行為を行った卑劣な行為」と指摘。一方で「失職見込みであり、養育すべき妻子がいる」などと述べ、執行猶予とした。

少女からわいせつ動画を買い取った男
インターネットの掲示板サイトで知り合った大阪府内の女子高生に、わいせつな動画を撮影させ金銭と引き換えにメールで送らせたとして、府警少年課は大分市の会社員(24)を児童ポルノ禁止法違反等で逮捕した。男は今年5月、16歳の女子生徒にスマートフォンで自慰行為等の動画をメールで約20回送らせた疑いが持たれている。

インストラクターが小学生を「わいせつ強化指導」!?
栃木県小山署は28日、強制わいせつ未遂の疑いで小山市に住むスポーツインストラクター(42)を再逮捕した。男は今年4月、自身が所属するスポーツクラブの強化合宿中、小山市内のホテルで、小学生女子児童(11)の部屋に侵入。指導の一環と称して、パジャマを脱がせようとした疑いが持たれている。男は7月に、別件の強制わいせつ容疑で逮捕されていた。

有害サイト撲滅の旗手が出会い系サイトで援助交際
沖縄県警那覇署は30日、元中学校校長で県教育事務所長(59)を児童買春禁止法違反容疑で逮捕した。那覇署によると、男は4月に沖縄市内のホテルで、県内に住む女子中学3年生(14)に金銭を払い、わいせつな行為をしたという。少女とは出会い系サイトを通じて知り合っており、「ラブホテルに行っただけ。何もしていないのに糾弾される筋合いはない」と供述している。この男は今年3月まで県教育指導統括監を務め、有害なサイトを見られなくする「フィルタリング」を小中学生の携帯電話に設定する事業を進めていた。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.