日刊大衆TOP 芸能

「上原、セーブ数の自己最多記録更新!」今週の日本人メジャーリーガー活躍まとめ

■ダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
7/28 VSヤンキース ○勝ち 7回 108
8/3 VSインディアンス ☆勝ち負けつかず 7回 101
28日は雨天コールドで悔しい敗戦となった前回登板と同じヤンキース戦。前回もソロを打たれた1番ガードナーに2本のソロを浴びて2失点も、チームが5回に一挙4点を奪い逆転勝利。今季10勝目でメジャー3年連続二ケタ勝利となった。3日は7回1失点の好投で3-1と勝ち投手の権利を持ったままマウンドを降りたが、9回に抑えのフェリスが同点ツーランを打たれたため勝ち負けはつかず。

【現在の成績】10勝6敗(15位) 防御率:2.82(9位) 奪三振:175(3位)

■イチロー(ニューヨーク・ヤンキース)
試合数 打数 安打数 打点 本塁打 盗塁 三振
打撃不振からスタメン落ちすることも多くなった。1日のレッドソックス戦では2打数1安打も、7回に代打を送られ途中交代。この日ダイヤモンドバックスからトレードで来たばかりのプラードがそのままライトの守備についた。3日のレッドソックス戦では8回からライトの守備についたが打席は回ってこなかった。

【現在の成績】打率:.271 本塁打:1 打点:14 盗塁:6 出塁率:.322

■黒田博樹(ニューヨーク・ヤンキース)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
7/30 VSレンジャーズ ●負け 7回 115
初回に5安打を浴びていきなり3失点。その後はワイルドピッチ2つ、死球1つとコントロールに苦しみながらも7回まで無失点に抑えた。チームは2-3で敗れ7敗目。

【現在の成績】7勝7敗 防御率:3.98 奪三振:93

■上原浩治(ボストン・レッドソックス)
試合数 投球回 勝敗S 失点 被安打 奪三振
3回 0勝0敗1S
リーグ最下位に低迷するチームから主力7選手がトレードとなったが、上原と田沢の日本人コンビはそのまま残留となった。1日のヤンキース戦は1点リードの9回を3者凡退で抑えて今季22セーブ目。昨季を上回るシーズン自己最多のセーブを挙げた。3日のヤンキース戦では1点ビハインドの9回表に登板し無失点に抑えたがチームは7-8で敗れた。

【現在の成績】5勝2敗22S(6位) 防御率:1.42 奪三振:65

■田沢純一(ボストン・レッドソックス)
試合数 投球回 勝敗S 失点 被安打 奪三振
3回 0勝0敗0S
29日のブルージェイズ戦では1-3の9回に登板。連打から1失点したが勝ち負けはつかず。チームは2-4で敗れた。1日のヤンキース戦では4-2の8回に登板、ジーターにソロを浴びるもなんとかリードのまま上原へとつないだ。

【現在の成績】1勝2敗0S 防御率:3.27 奪三振:45

■青木宣親(カンザスシティ・ロイヤルズ)
試合数 打数 安打数 打点 本塁打 盗塁 三振
19
2日のアスレチックス戦は1番ライトで先発出場。3打数2安打1打点2四球と活躍するもチームは3-8で敗れ、連勝は3でストップした。3日のアスレチックス戦は5打数1安打1打点、先制タイムリーでチームの勝利に貢献。

【現在の成績】打率:.265 本塁打:0 打点:19 盗塁:9 出塁率:.333

■岩隈久志(シアトル・マリナーズ)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
7/29 VSインディアンス ○勝ち 7回 99
8/3 VSオリオールズ ●負け 8回2/3 109
29日のインディアンス戦では初回に6試合ぶりの四球を与え、連続無四球は35イニングでストップ。だが安定した内容で7回を投げ切り今季9勝目を挙げた。3日の登板では初回、マーケイキスに先頭打者ホームランを許したがその後は立ち直り、8回途中まで1失点に抑える好投。しかし打線が沈黙し、チームは0-1で敗れた。今季6敗目。なぜか敵地のほうが好投する傾向があり、アウェーでは昨季から14試合負けなし(9勝)という珍しい記録が続いていたがこれもストップ。

【現在の成績】9勝6敗(22位) 防御率:2.94(10位) 奪三振:101(28位)

■川崎宗則(ブルージェイズ)
試合数 打数 安打数 打点 本塁打 盗塁 三振
15
28日のレッドソックス戦では最近任されたばかりのサードの守備位置で先発出場し、4打数2安打2打点の活躍。しかしその後の試合ではいいところがなく打率は下降気味。

【現在の成績】打率:.274 本塁打:0 打点:8 盗塁:0 出塁率:.322

■和田毅(シカゴ・カブス)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
7/28 VSロッキーズ ○勝ち 7回 97
8/3 VSドジャース ☆勝ち負けつかず 5回2/3 103
28日のロッキーズ戦では初回に3者連続三振を奪うなど、7回1失点の好投で念願のメジャー初勝利。自身のブログでは「本当にこれまで自分を支えてくれた全ての人に感謝です!」と勝利を報告した。3日のドジャース戦では1点リードの4回、4番ケンプに2ランを打たれ逆転を許したが、5回途中まで2失点とゲームは作った。勝ち負けはつかなかった。

【現在の成績】1勝1敗 防御率:3.32 奪三振:19

※順位はリーグごとのランキング

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.