日刊大衆TOP G1レース

G1レース

「G1レース」について知りたいことがあれば、日刊大衆をお読みください。現在、日刊大衆では「G1レース」についてのさまざまな記事を、49件配信しております。これからも「G1レース」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

G1レースのニュースまとめ


2016年12月07日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年12月19日号]

【G1阪神JF】ラビットラン初芝でも走る!「阿部幸太郎 オレの美味予想」

「GIレース的中!」 予想を生業にしている者にとって、これほど心地いい響きはありません。実は、手前みそですが、秋のG17レース中6レースが的中。外したのはエリザベス女王杯だけ。とりわけ菊花賞のサトノ…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年12月03日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年12月12日号]

【G1チャンピオンズC】中京では差し馬有利! 前走3着以内が狙い目「レース傾向分析 須田鷹雄」

 チャンピオンズCは前身のJCダートと施行条件が変わったうえ、JCダートも東京から阪神に変更されたので、過去のデータを参照した予想が難しい。ただ、ダート中距離路線の上位馬というのはそう多くはないので…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年12月02日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年12月12日号]

【G1チャンピオンズC】前走で惨敗も左回りで一変か、一発狙いならラニで勝負!「中間調教報告 薮中泰人」

 ダート戦は負け知らずのアウォーディーが、7連勝で中央G1も奪取する。血統、フットワークからダートは向くと思っていたが、イメージ以上の適性があった。昨年9月にダート初戦を勝ったあと、2戦目に早くもG…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月30日 13時00分 公開 [週刊大衆2016年12月12日号]

【G1チャンピオンズC】アウォーディーの過信は禁物! ノンコノユメにコース利あり「週刊大衆本誌 今週の決断」

 ダートの新王者を決める戦いは、今年もベテラン勢から新鋭まで多士済々なメンツがそろった。最注目は、ダートに転向してから6戦全勝のアウォーディー。前走のJBCクラシックで初G1勝ち。いまだに底を見せて…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月29日 14時00分 公開 [週刊大衆2016年12月12日号]

【武豊】場所、距離、名称…様々変わったダートG1

 たとえば第一勧業銀行。この名称に、“あぁ”と反応するのは、何歳以上の人でしょうか。 現在は、みずほ銀行。今は当たり前になっていますが、当時は、まごつく人がたくさんいたと思います。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月28日 14時00分 公開 [週刊大衆2016年12月12日号]

【チャンピオンズC】ノーベル賞“受賞者”ボブ・ディランとアウォーディー「井崎脩五郎 競馬新理論」

 テレビで海外ニュースを見ていたら、12月10日(土)のノーベル賞授賞式に、ボブ・ディランがビデオ出演という形で出るかもしれないと言っていた。 そのときテレビ画面にニュースの日本文と、対訳の英文が同…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月26日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年12月05日号]

【G1ジャパンカップ】大一番の◎は天皇賞・秋組ルージュバック「レース傾向分析 須田鷹雄」

 今年のジャパンCのカク外は、昨年の同レースで掲示板を外している2頭に、そのうちの1頭、ナイトフラワーより格落ち感のあるイキートスの計3頭だ。万が一、馬券に絡むことがあるとしたらイラプトの3着だろう…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月25日 08時30分 公開 [週刊大衆2016年12月05日号]

【G1ジャパンカップ】ディープインパクト産駒の3歳馬ディーマジェスティに期待「中間調教報告 薮中泰人」

 3歳馬ディーマジェスティに期待する。菊花賞は4角手前で早々と手が動き4着敗退。いくつかの敗因が考えられるが、一番大きかったのが当日の気配の薄さだ。変にイラつき、走る方向に気が向いていなかった。初め…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月23日 10時00分 公開 [週刊大衆2016年12月05日号]

【G1ジャパンカップ】スピードの持続力なら好勝負! レインボーラインの一発あり「週刊大衆本誌 今週の決断」

 レベルが高いといわれている3歳牡馬。ジャパンCに出走する皐月賞馬のディーマジェスティが人気を集めそうだが、ここは伏兵レインボーラインの一発に期待したい。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月22日 10時00分 公開 [週刊大衆2016年12月05日号]

【武豊】キタサンブラックと狙うG1ジャパンカップ制覇

 今週は、5回京都3日目に行われた10レース「観月橋ステークス」(ダート1800メートル)の話から始めましょう。――えっ!? それって重賞でも、G1へのステップレースでもないし……。という声があちこ…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月21日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年12月05日号]

【G1ジャパンカップ】さすがクローザーの威圧「井崎脩五郎 競馬新理論」

 シュヴァルグランは前走で、いくつもの不安材料を、根こそぎ吹き飛ばしている。休み明け、初コース、初の左回り、実績のない斤量(56キロ以上ではそれまで5・8・3・9着)。これだけ揃えば、凡走しても不思…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月19日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月28日号]

【G1マイルチャンピオンシップ】ステップレースより変則ローテ組の格上馬を重視「レース傾向分析 須田鷹雄」

 マイルCSの過去10年を前走レース別成績で振り返ると、7つのレースが優勝馬を出しており、他に3つのレースが2着馬を出している。スワンSからは41頭、富士Sからは50頭の出走馬があったが、優勝馬はそ…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月18日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月28日号]

【G1マイルチャンピオンシップ】サトノアラジンついに本格化!「中間調教報告 薮中泰人」

 本格化したサトノアラジンが今年こそ主役だ。昨年は4着に沈んだが、4角から直線入り口にかけて窮屈になるシーンがあり、外に出した1F過ぎから伸びたものの、コンマ2秒差届かなかった。キャリアを重ねてはい…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月16日 09時30分 公開 [週刊大衆2016年11月28日号]

【G1マイルCS】末脚炸裂のロードクエストを狙い撃ち!「週刊大衆本誌 今週の決断」

 マイルの絶対王者モーリスが、天皇賞から香港国際競走へと進むことから、混戦模様となっている今年のマイルCS。本誌は、“最強3歳世代”から唯一参戦するロードクエストが新マイル王を奪取すると結論づけたい…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月15日 09時30分 公開 [週刊大衆2016年11月28日号]

【武豊】勇気ある挑戦だったブリーダーズC

 騎手になって30年。挑戦できるだけでも贅沢な日米のブリーダーズカップを2つとも、この手にできたら……これは、ちょっとすごいことですよね。 表彰台に上がる自分を想像しながら挑んだビッグレースの着順は…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月12日 08時30分 公開 [週刊大衆2016年11月21日号]

【G1エリザベス女王杯】牡馬と戦ってきた実績を重視して好配当を「レース傾向分析 須田鷹雄」

 3歳の大物、ジュエラーが戦線離脱したため、古馬勢が有利になってくる。古馬の選び方には一つの原則があり、それは“牡馬と戦ってきた実績を重視する”ということだ。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月11日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月21日号]

【G1エリザベス女王杯】苦戦傾向のディープインパクト産駒!クイーンズリングを狙う「中間調教報告 薮中泰人」

 昨年と同じローテーションで連覇を目指すマリアライトだが、ディープ産駒の5歳牝馬は女王杯で[0・0・0・5]という成績。昨年もラキシスが11着に敗れ、連覇の夢は消えている。◎は関西馬から選ぶ。期待1…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月09日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月21日号]

【G1エリザベス女王杯】ディープインパクト産駒は対抗! 大一番での距離延長と先行策でシュンドルボン「週刊大衆本誌 今週の決断」

 人気を集めそうなマリアライト、ミッキークイーン、タッチングスピーチの3頭は、いずれもディープインパクト産駒。京都2200メートルは、連対率・複勝率ともに優秀だが、人気になる分、妙味がない。そこで、…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月08日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月21日号]

【武豊】「やはり競馬は難しい」と痛感した天皇賞

――やっぱり競馬は難しい。 エイシンヒカリとともに挑んだ「天皇賞・秋」は、あらためて、その言葉を噛みしめるようなレースになりました。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月07日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月21日号]

【G1エリザベス女王杯】パワースポットの威力!1枠に要注意「井崎脩五郎 競馬新理論」

 エリザベス女王杯が、「ダイアナ」の4文字を持つ馬で決まったことがある。2012年のことである。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年11月01日 10時00分 公開 [週刊大衆2016年11月14日号]

【武豊】G1が増えることはやり甲斐に繋がります

 来年から、G1レースが一つ増えることになりました。名称は、「大阪杯」。4月2日、日曜日。阪神競馬場を舞台に、芝2000メートルのレースとして施行されます。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月29日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月07日号]

【G1天皇賞・秋】信頼できるステップレースは宝塚記念、札幌記念、毎日王冠「レース傾向分析 須田鷹雄」

 いつの間にか堅いG1になっていた天皇賞・秋。過去10年の1番人気馬は[4・2・2・2]で、馬券に絡まなかった2頭も掲示板にはのっている。全馬均等買い時の回収率も単60%・複50%で、標準的な値より…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月28日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年11月07日号]

【G1天皇賞・秋】差し馬有利の展開で急浮上!ステファノスが悲願の盾獲り「中間調教報告 薮中泰人」

 今年の天皇賞・秋は、今春に海外G1を制した3頭の激突で盛り上がる。夏負けが尾を引き、前哨戦を回避したリアルスティールを除けば、あとの2頭は仕上がりもいい。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月26日 08時30分 公開 [週刊大衆2016年11月07日号]

【G1天皇賞・秋】距離短縮だと驚異の連対率! サトノノブレスで万馬券狙い「週刊大衆本誌 今週の決断」

 これまでG1に6度挑戦し、最高着順は2着。ワンパンチ足りない印象のサトノノブレスに本命を打つ。 今年で6歳だが、今がまさに充実期。3月の中日新聞杯を完勝すると、6月の鳴尾記念では圧巻のレコード勝ち…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月25日 15時00分 公開 [週刊大衆2016年11月07日号]

【武豊】天皇賞(秋)はエイシンヒカリの競馬に注目してください

 男子ゴルフのメジャータイトル『日本オープン』は、この試合が今年、日本ツアー初戦となる松山英樹選手が優勝。3日目、4日目は、競馬の開催日と重なるため、そのプレーをテレビで見ることはできませんでしたが…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月24日 10時00分 公開 [週刊大衆2016年11月07日号]

【G1天皇賞・秋】6着以下→1、2着の危険「井崎脩五郎 競馬新理論」

 前々走6着以下→前走1、2着という馬が3頭もいる。アドマイヤデウス(9→2着)、サトノノブレス(8→2着)、そしてアンビシャス(16→2着)である。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月22日 10時00分 公開 [週刊大衆2016年10月31日号]

【G1菊花賞】ディープインパクト産駒に勝ち馬なし! ステイゴールド重視「レース傾向分析 須田鷹雄」

 皐月賞馬ディーマジェスティとダービー2着馬サトノダイヤモンド。この2頭に人気は集中するだろう。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月21日 07時30分 公開 [週刊大衆2016年10月31日号]

【G1菊花賞】ダービーは万全の調子でなかったディーマジェスティが二冠へ「中間調教報告 薮中泰人」

 ディープ産駒の叩き合い。本線はディーマジェスティからサトノダイヤモンド。ディープインパクトはすでにスーパーサイアーの域に達しているが、とりわけ今年は産駒の活躍が凄い。JRA重賞勝ちが9月競馬終了時…

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月19日 17時00分 公開 [週刊大衆2016年10月31日号]

【G1菊花賞】前走不利受けるも鋭く伸びたカフジプリンスの捲りに期待「週刊大衆本誌 今週の決断」

 順当に前哨戦を勝利したダービー2着の○サトノダイヤモンド、皐月賞馬▲ディーマジェスティの2強対決に注目が集まる菊花賞。もちろん、この2頭が実力的に抜きんでているのは間違いない。

カテゴリー
娯楽
タグ

2016年10月17日 09時00分 公開 [週刊大衆2016年10月31日号]

【G1菊花賞】要注意だ!3枠6番、7番人気「井崎脩五郎 競馬新理論」

 キクカショウ(菊花賞)が全部揃っている。しかも、ものすごく目立つ形で。レース結果を見て、すぐそう思ったのを覚えている。6月5日(日)、東京の10Rとして行われた由比ヶ浜特別である。着順はこうだ。

カテゴリー
娯楽
タグ

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.