日刊大衆TOP G2レース

G2レース

「G2レース」について知りたいことがあれば、日刊大衆をお読みください。現在、日刊大衆では「G2レース」についてのさまざまな記事を、9件配信しております。これからも「G2レース」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

G2レースのニュースまとめ


2017年02月22日 09時30分 公開 [週刊大衆2017年03月06日号]

【G2中山記念】潜在能力はG1級!ディープインパクト産駒のアンビシャス「阿部幸太郎 オレの美味予想」

 春の中山開幕を告げる「中山記念」。昨年は大器ドゥラメンテが優勝。今年も大物リアルスティールが参戦。JC以来ですが、ポン駆けに定評があります。  これにアメリカ、香港で存在感を見せつけたヌーヴォレ…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年02月10日 09時00分 公開 [週刊大衆2017年02月20日号]

競馬番組にも出演した“乃木坂46”橋本奈々未の引退「阿部幸太郎 オレの美味予想」

「乃木坂46を卒業します。芸能界も引退します。一般社会で普通の女性として生きて行きたいと思います」と、乃木坂46を去る橋本奈々未さん。乃木坂46といえば、観客動員数で昨年AKB48を上回ったともい…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年02月08日 09時00分 公開 [週刊大衆2017年02月20日号]

【G2京都記念】海外G1組でも、マカヒキよりサトノクラウン「今週の狙い目レース 須田鷹雄」

 今年の京都記念はなかなかの好メンバーになりそうだが、そもそも京都記念はメンバーレベルが高くなりやすく、そのぶん前走でハイレベルなところを走ってきた馬でないと通用しない。過去10年の京都記念に関…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年01月21日 09時30分 公開 [週刊大衆2017年01月30日号]

【G2AJCC】JCで見せ場を作ったワンアンドオンリー「阿部幸太郎 オレの美味予想」

 米国の大統領選中にロシアが、ヒラリー・クリントン候補にサイバー攻撃したと、米国の諜報機関が公表。指示したのがプーチン大統領だとして、米在住のロシア人家族を含む関係者は国外退去しました。  ロシ…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年01月20日 15時30分 公開 [週刊大衆2017年01月30日号]

【若駒S】祖父ディープインパクトも勝った舞台でヴァナヘイムが激走!「栗東トレセン便り 薮中泰人」

 重賞レースがない今週の京都競馬だが、注目馬がいるのは土曜日の若駒S。05年のディープインパクトを筆頭に、勝ち馬からG1馬が数多く生まれているレースだ。ここ10年を見てもアンライバルド、ヒルノダム…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年01月18日 09時30分 公開 [週刊大衆2017年01月30日号]

【G2AJCC】有馬記念組や金鯱賞組に注目「今週の狙い目レース 須田鷹雄」

 この原稿を書いている時点でAJCCの想定馬はある程度そろっているものの、中山金杯組の動向が流動的なままである。ただ、AJCCにおける中山金杯組というのは、近年だとさほど重要なものではない。過去1…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年01月14日 09時00分 公開 [週刊大衆2017年01月23日号]

【G2日経新春杯】ディープインパクト産駒モンドインテロが2400m戦でも「今週の狙い目レース 須田鷹雄」

 日経新春杯は1月のG2ということで本当のG1級はほとんど出走せず、しかしG2ではあるので、ある程度メンバーレベルは高い、という微妙な立場のレースだ。AJC杯と似たところがあり、実際にこの原稿を書…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年01月13日 09時00分 公開 [週刊大衆2017年01月23日号]

【G2日経新春杯】新年の成長株、レッドエルディストに注目!「阿部幸太郎 オレの美味予想」

 審議時間わずか6時間足らず。強行採決であのカジノ法案が成立してしまいました。国民の大多数が反対するカジノ法案。賭博場を造り、そのアガリで経済成長の一環にするとは言語道断です。読売新聞の朝刊、社…

カテゴリー
娯楽
タグ

2017年01月11日 09時00分 公開 [週刊大衆2017年01月23日号]

【G2日経新春杯】ディープインパクトと2大勢力のキンカメ産駒に注目!「栗東トレセン便り 薮中泰人」

 シーズンオフがない中央競馬。年明けから毎週、重賞レースが組まれている。中京競馬が始まる今週も3場で3重賞だ。  興味深い一戦は1月15日の日曜メイン。京都で行われるG2日経新春杯だ。昨年はレー…

カテゴリー
娯楽
タグ

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.