「日本相撲協会ナンバー2の事業部長を務める尾車親方(元大関・琴風)が、2月7日付で自身の部屋を閉鎖。これは、4月に65歳の定年を迎えるためで、協会内の世代交代が加速しそうです」(相撲記者) 老兵が去る一方、若手ホープとして頭角を現しているのが、あの元人気横綱だ。「2019年の現役引退後、荒磯親方と…