僕がデビューした当時、牡馬クラシックの三冠レースについて、こんな言葉がまことしやかに語り継がれていました。 皐月賞は最も速い馬が勝ち、日本ダービーは最も運のいい馬が勝ち、菊花賞は最も強い馬が勝つ――。 20頭を超える出走頭数やレース環境が、まるで違う時代だったということを考えると、頷けるところもあ…