5月8日放送回のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(第18話『壇ノ浦で舞った男』)が、世帯視聴率12.7%と前回の12.5%から0.2ポイントアップし、好調な勢いを見せている。同作で主役・鎌倉幕府第2代執権・北条義時を演じるを演じているのが俳優・小栗旬(39)。 この小栗の周りを固めるのは、空前の…