8月3日の『中國新聞』で、東出昌大(34)と映画監督の宮川博至氏(42)が広島県呉市安浦町を訪れた様子を報じた。 2人は、18年7月の西日本豪雨をテーマとし、23年1月に公開を控えている映画『とべない風船』でタッグを組んでおり、同作のロケ地は広島県呉市や江田島市だったことで、この日の訪問が行われた…