本の表紙である装幀には、一般に紙や布、動物の皮が使われる。しかし中には樹の皮やミノムシの巣など、変わった材料で作られた装幀の本があり、「下手装本(げてそうほん)」と呼ばれてきた。今回、アメリカマサチューセッツにあるハーバード大学の図書館で…


本日の新着記事を読む