アメリカ航空宇宙局は6月2日、将来の火星探査を見据え開発中の円盤型試験用ビークル「LDSD(The Low Density Supersonic Decelerator)」の試験準備ができたと発表した。このビークルは火星にロボットや人を安全に着陸させたり、逆に地球へ帰還させること…


本日の新着記事を読む