世界中が悩む「ペットによる健康被害」とは

世界的にペットが原因の不眠症が増えている。
米・睡眠学会のロイス・クラン医師の調査では、10年前はペットに起因する不眠はわずか1%だったが、最近ではその割合が10%まで上昇。
安眠を妨げられる原因は、犬や猫のイビキや鼻を鳴らす音で、ベッドの上を歩き回ることも。あまりひどい場合は、ペットをゲージに入れて寝る場所を分ける必要があると。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP