家庭のある夏川との関係がよくないものだとは、梅雨子もわかっていた。初めて金縛りに遭ったとき、生霊だった彼とまじわったときから、怖い結末は透けていた。そんなとんでもない理由も、誰にもいえなかった。夏川本人にも。そうして彼女は本気半分、気晴ら…


本日の新着記事を読む