缶詰の原理が発明されたのは、およそ200年前です。遠征軍の食糧補給に頭を痛めていたナポレオンが、懸賞金を出して保存食のアイデアを募集。採用されたのが、食料を密閉容器に入れて加熱する方法でした。発明者はパリの菓子職人ニコラ・アペール。まだ、…


本日の新着記事を読む