昨年12月に上海に近い浙江省の烏鎮(ウーチェン)という街を訪れたときのことだ。この烏鎮はこの地域の特徴である張り巡らされた水路(クリーク)を生かした街なのだが、街角にあった1本の古木に眼が釘付けになった。日本語でトウネズミモチという木だが、…


本日の新着記事を読む