6月から7月にかけて、アルコール市場で妙な“回収騒動”があった。国内ビール大手のサッポロビールが「第3のビール」として好調に売上を伸ばしていた「サッポロ極ゼロ」の製造を5月末でいったん終了して、新たに「発泡酒」として7月中旬に再発売したのだ。…


本日の新着記事を読む