例年6~8月に流行し、夏風邪の代表的な疾患だという「ヘルパンギーナ」。神奈川では先日「ヘルパンギーナ警報」が発令され、東京、埼玉、群馬、千葉でも感染者が続出している。その主な症状は38度以上の高熱、口腔内の水疱、発赤などで、2~7日の潜伏期間の…


本日の新着記事を読む