アメリカでは、長子が女の子だと離婚率が高くなるという研究データが発表された。ウィスコンシン大学のJ・ノブレス博士が、1979年~2010年までの人口統計データを分析したところ、全米での離婚率は平均46.5%なのに対し、女児が生まれたカップ…


本日の新着記事を読む