日本初の天気予報は、明治17年(1884)6月1日に東京気象台(気象庁の前身)から発表されています。その内容は、「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」でした。なんとも大雑把な予報ですが、当時としては、これでも画期的だった…


本日の新着記事を読む