天気予報が気象庁の独占物でなくなったのは平成6年のことです。法律が改正され、民間の人や企業も予報が出せるようになりました。といっても、誰でも自由にやっていいわけではありません。業務として天気を予報するには「気象予報士」という国家資格の取得…


本日の新着記事を読む