優勝を逃したとなると、責任の所在は現場指揮官である和田豊監督になるが、今季が3年契約の最終年ということもあって来季の続投は難しいと見られていた。「阪神の監督人事は在阪マスコミにとって最大の関心事ですからね。次期監督候補として、金本知憲氏や…


本日の新着記事を読む