2009年に急逝したマイケル・ジャクソンが、生前、自身のクローンを作るためにDNAを科学者に提供していたという説が浮上した。地球外生命体の研究を行っているニューヨークセンターのミカエル・C・ラックマン氏は、マイケルは万が一、自分が他界してしまって…


本日の新着記事を読む