遂に出ました「1964年のジャイアント馬場」(双葉社)。すでに話題騒然。たぶん、著者の柳澤健(やなぎさわたけし)は「村の人」じゃないから面白いのだと思う。もともとは文藝春秋にいた。Numberなどでの取材活動を経て2003年からフリーになった。つまりプ…


本日の新着記事を読む