世の中には「golden blood」(黄金の血液)と呼ばれる非常に稀で貴重な血液型が存在する。国際赤十字社の調べによると、「黄金の血液」を持つ人は世界人口の0.01%未満しかおらず、2010年の時点で43名しか確認されていないという。血液型は、赤血球の表面に…


本日の新着記事を読む