お正月の風物詩のひとつ「福袋」。この福袋、いつの頃からかまったく意味合いが変わってきた。以前は中身に何が入っているかはわからないのが当然。思わぬ興奮もあれば期待外れもある。「当たりハズレ」が福袋の売りだった。しかし最近は「中身を見せて売る…


本日の新着記事を読む