テレポーテーションとは自分自身が離れた場所に瞬間移動したり、物体を離れた空間に転送したりする超能力のこと。SFやマジックではすっかりおなじみで、もちろん実際には起こりえない現象とされている。
しかしどう見てもテレポーテーションとしか考えられない現象がYouTubeに投稿され、話題になっている。しかも犬。犬が瞬間移動をしているのだ。

撮影されたのはチリの高速道路。違法なドラッグレースが行われ、改造車が爆音を上げて走る路上に、突如犬が出現したのだ。そのタイミングはまさに車が走り去った直後。まるで轢かれるの避けるために、瞬間移動をしたかのようだ。
動画はスロー映像でも見られるが、あとから映像を挿入したような不自然さはない。はたしてこれは本当にテレポーテーションなのだろうか? 実際になにが起きたのか、当人に聞いてみたいところだが、犬では話ができないのが残念なところである。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る