歌舞伎町で、少数民族出身の工作員が店の裏方として働きながら日本語を取得し、やがてスパイとして活動する、という話を聞いたこともある。「俺は政府高官じゃないから関係ない!」と思うサラリーマン諸氏もいるかもしれない。だが、クラブで隣に座った中国…


本日の新着記事を読む