001
三菱重工業がその英知を結集して作った世界最強戦車である10式戦車

海上自衛隊では、やはり最新、最大のイージス艦といわれる「あたご」型イージス護衛艦だろう。これまでの「こんごう」型イージス護衛艦よりもバージョンアップしたイージスシステムを採用しており、艦対空ミサイルの質も向上。軍拡著しい中国軍の、空からの攻撃に備えている。

002
「あたご」型イージス護衛艦は、高い防空戦闘能力で中国の空の脅威に備える

航空自衛隊と聞くと、やはりF-15J「イーグル」が“顔”ではあるが、注目すべきは現在開発が進められている「日の丸ステルス戦闘機、「心神」だ。レーダーに映りにくいステルス戦闘機の開発は、アメリカ、ロシア、中国が進めているが、日本もその高い技術を生かし、今年中に試作機を初飛行させる予定、というところまでこぎつけた。その性能は米空軍のF-22「ラプター」を上回るともいわれ、各国からも注目を集めている。
  1. 1
  2. 2
  3. 3