1797年にヨーロッパで発明され、明治中期に日本に伝来した洗濯用具「洗濯板」は、「非常に痩せている人」の隠喩としても使われていた。高度成長期以前の日本は食糧事情が悪く、栄養不足で肋骨が透けて見えるほど痩せていた子供が多かったからだ。それがその…


本日の新着記事を読む