意味不明な練習を繰り返す…

最後に、残念ながら下位争いが濃厚なチーム。セは中日とヤクルト、パは西武と楽天。まずは中日・谷繁元信監督から。
「昨年のOB総会で木俣達彦会長が、"谷繁は一日も早く記録(3017試合出場)を達成して監督に専念してくれ"と挨拶しました。これは明らかに、森繁和ヘッドを通じて谷繁を操る落合GMに対する当てつけ。谷繁の監督としての本当の力量は、いまだわからずじまいですね」(中日番記者)

ヤクルトの真中満監督も、あまり期待されていない。
「次期監督は荒木大輔元コーチで決まっていたんですが、選手の間で彼の評判が悪くて……。それを知ってか、本人も楽天の監督に色気を出して水面下で動き、フロントの怒りを買ったんです。それでお鉢が回ってきたのが真中というわけ」(全国紙運動部記者)

今季から西武を率いる田辺徳雄(のりお)監督も、真中監督に境遇がそっくり。運動部記者が続ける。
「西武は工藤に監督の打診をしていたが、断られた。それで潮崎哲也二軍監督の昇格を検討したんですが、潮崎にも断られたんです。田辺は"残りもの"ですよ」

最後は、楽天の指揮官に就任したデーブこと大久保博元監督。
「"次は大久保"に立花球団社長が猛反対していたのは有名な話。大久保は三木谷オーナーに取り入ることによって、監督になれたことをチームの誰もが知っています。彼は人望がなさすぎますよ」(事情通)
本人はそうした「評判」を知ってか、キャンプではアイデアマンぶりを発揮。
異色の練習でマスコミの注目を集めていたが……。

前出の黒江氏が言う。
「とはいえ、意図のわからない練習ばかりしていましたね。たとえば無死二、三塁で3点差という状況を想定して前進守備の練習をしているんです。1点差ならともかく、3点差なんて意味不明ですよ」(黒江氏)

バラエティ豊かな12人の指揮官。最後に笑うのは、いったい誰だろうか――。

本日の新着記事を読む

  1. 1
  2. 2