児童・生徒が団体で遠隔地に出かけ、泊まり込みでさまざまな体験や見聞をする修学旅行。この欧米ではあまり見られない日本的な学校行事が一般的になったのは、明治後半から大正時代にかけてです。最近は行き先が外国であることも珍しくなくなっていますが、…


本日の新着記事を読む