データ予想 須田鷹雄
"王道ローテ"で結果を残したレッツゴードンキが信頼大!


今年の桜花賞は、ルージュバックが1番人気になる可能性が高い。距離短縮で初のマイル戦、しかも牝馬限定戦の経験がない異色の存在。この馬がどんな競馬をするのか、ファンは強い関心を持っているだろう。

そんな関心に対して「勝つ」とか「こない」と答えるのが競馬評論家の仕事だが、ここまで参考材料の少ない馬に何を言っても想像と仮定の話になる。「やってみるまでわからない」というのが正直なところ。
あえて不安材料を挙げると、初めての多頭数だろう。10頭立て以下の競馬しか経験しておらず、18頭立ての内枠を引いた場合、トビが大きい走りをする馬だけに、馬群の中でうまく立ち回れるか不安が残る。

そのリスクを考え、印は○にとどめる。他の馬から馬券を組み立て、○が絡んでもよし、絡まなくてもよしという構えでいきたい。変則ローテの馬を○にしたので、◎は王道を歩んできた馬を取りたい。王道とは、阪神JF→チューリップ賞を使われてきた馬だ。

ショウナンアデラが故障したため、阪神JFの先着順は◎レッツゴードンキ、★ココロノアイ。チューリップ賞は★が1着、◎が3着で、間に▲アンドリエッテが挟まる形になった。直近のレースなのでチューリップ賞を重視したくなるが、同レースは雨の影響が大きかった。雨がプラスとは言えないディープインパクト産駒で2着に突っ込んできたアンドリエッテは今回も評価が必要だが、ココロノアイは道悪歓迎の血統だけに、本番に向けた上積みには疑問が残る。

そこで、レッツゴードンキ。チューリップ賞では外枠ゆえに前に壁を作れず、掛かり気味にハナへ行ってしまって他馬の目標になってしまった。言ってみれば、あれより下の競馬はない。他のステップレース組よりチューリップ賞組のほうが馬券に絡むというのが、例年の傾向なので、前走の1~2着馬を逆転すれば、馬券圏内はほぼ確実。○が絡む場合も、◎が先着なら3連単の配当は高いはずだ。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-