過去に、スポーツ選手が種目を転向して活躍した例はあるが、こんな選手が話題に上っている。その選手とは、12年にラグビー界に彗星のごとく現れた、アメリカ代表のカーリン・アイルズ。実は彼、かつてオリンピック出場を目指していた元陸上短距離選手で、自己ベスト記録は100m10秒13(追い風参考)。学生時代、陸上競技の…