今年4月1日に日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2014年度の新車販売台数は、前年度比6.9%減の529万7110台となった。4年ぶりのマイナスになったのは、消費増税にともなう駆け込み需要の反動減が長引いたためと見られているが、…


本日の新着記事を読む