結ぶのもほどくのも簡単で使い勝手がよく、用途が幅広いことから「結び目の王(King of knot)」と呼ばれているのが、ロープの端に固定した輪を作る「もやい結び」だ。英語だと「Bowline」で、“Bow”とは船首のこと。古くから船の帆を船首側に引っ張るため…


本日の新着記事を読む