たとえば昨年4月、鳴り物入りの貴闘力デビュー戦を観に行ったら(「貴闘力・鈴木みのるVS大仁田厚・矢口壹琅」)、やはりというべきか最終的に全部持って行ったのは大仁田だったのである。その技術と話術に感動した。今こそ大仁田を生で観なければならない…


本日の新着記事を読む