ゲームセンターに行くと、たいてい置いてあるのが、クレーンゲーム。その景品はアニメのキャラクターやキティちゃん人形などが多い。

ところが、釧路には、生きた毛ガニを置いてあるところがあるという。

釧路駅から南へ徒歩10分ほど、幣舞橋からも近い釧路川のそばにある、ジンギスカンとラムしゃぶで有名なビール園。クレーンゲームの中に入っているのは、通常2000~4000円で売られている毛ガニだ。
活きを見て小まめに入れ替えているため、鮮度も申し分ない。取った毛ガニはその場で茹でてくれるというから、ビールのつまみにはもってこいである。

ところで、生きた毛ガニがそんなに簡単にキャッチできるものなのか? 経験者によれば、毛ガニは動き回るのでけっこう難しく、うまくいったとしても、数回チャレンジしてやっとキャッチできるらしい。

1回の料金は300円。2回で500円。8回やったら買ったのと同じということになるが、酒の余興としては面白いと評判のようだ。

似たような例で、静岡県焼津では、活きた伊勢海老を景品にしているクレーンゲームもある。

こういったゲーム機には他にも、電化製品や宝石、時計、ランドセル、日本刀などなど、ビックリするようなものが賞品になっているという。
世知辛いこのご時世、こういう太っ腹な店があると楽しくなる。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう