コーチを飛び越えて一気に!

岡田氏が微妙、掛布氏が後退とすると誰が……となるが、ここにきて意外な人の名が急浮上。現・楽天SD(シニアディレクター)の星野仙一氏、その人だ。
「03年の阪神優勝は、大型補強でチームを蘇らせた星野氏の功績。球団内には"困ったときの星野頼み"というムードがあるんです」(前出の球団関係者)

さらに、星野氏をよく知る人物が星野説を補強する。
「本人は、もうユニフォームを着るつもりはないと公言していますが、幼い頃からの阪神ファン。もしかすると……と思っています」

ただし、星野監督再登板説は、あくまで次期監督人事が難航した際の"保険"。"星野頼み"しかなくなった場合の話だと言う。
「実は、その星野氏の阪神監督時代、熱烈なラブコールを受けて広島から移籍した金本知憲氏が"ポスト和田"の最有力候補に浮上してきたんです」
と語るのは、阪神本社関係者。前出の阪神OBも、こう評する。
「アニキなら選手に睨みを利かせられるし、バラバラになったチームを一つにまとめられる。確かに、指導者経験はないものの、日ハムの栗山英樹監督は新人監督としてチームを優勝させているからね」

しかも、こんな極秘情報がささやかれている。
金本氏にごく近い関係者が証言する。
「昨季のオフ、金本氏にコーチ就任の要請があったというんです」
本人は辞退したものの、その後、金本監督説が流れ、それを耳にした本人は、
「監督なんておこがましい。監督には(母校の東北福祉大学の1年先輩の)矢野さん(燿大氏、元阪神捕手)がいるじゃないですか」
と周囲に洩らしたとか。

その微妙な言い回しに、本人もまんざらではないと判断したのか、「来季、コーチを飛び越えて一気に監督就任か!」と、在阪のスポーツメディアは、すでに色めき立っているという。
「"阪神専門紙"とも言われる『デイリースポーツ』の知り合いの記者から聞きましたが、番記者のみならず、社内では"次の阪神監督は金本……"という認識だとか」(在阪フリーライター)

内部昇格の平田ヘッドではファンや株主を納得させられず、岡田氏の再登板説が微妙で、掛布氏もトーンダウン。"星野頼み"の場面でないとしたら……。
「来季の阪神監督はアニキで決まり――」。
本誌はそう断言しよう!

  1. 1
  2. 2