ノーベル賞作家の川端康成は、変わった金銭感覚を持っていました。「金はある者が出せばいい。なければ払うな」がモットーで、さまざまな金銭エピソードを残しています。「欲しい」と思ったら我慢できず、あとさき考えずに発注。支払いが滞って借金取りが自…


本日の新着記事を読む