日本人が初めてビールを飲んだのは江戸時代中期。オランダ商人が持ち込み、一部の人に振る舞ったのが最初だと言われています。しかし、一般人がビールを知るのは、それから100年以上も経ってからです。ペリーの黒船が来航し、日米和親条約が締結された頃…


本日の新着記事を読む