孤独な大友康平「ff」の歌い出しを間違えるハプニング

7月4日放送の番組「THE MUSIC DAY 2015 音楽は太陽だ。」(日本テレビ系)にHOUND DOGが出演した。HOUND DOGはデビュー25周年目の2005年にはボーカルの大友康平(59)が所属事務所を脱退し、旧所属事務所とのトラブルやメンバーの解雇騒動を経て、2006年から大友1人がサポートメンバーを従えて活動しているが、この日も正式メンバーは大友1人。代表曲の「ff(フォルテシモ)」をなんとか歌いあげた。

大友は1番の歌詞が終わったところでマイクスタンドを振り回したが、ステージの端まで飛んでいってしまい、慌てて2番の歌い出しを間違えて正式なタイミングより先に歌い始める、というハプニングが発生。自らの代表曲を間違えてしまった失態に、大友は終始苦笑いを浮かべていた。

酔っ払ったオヤジのカラオケではよくある話だが、現役の歌手がもち歌の歌い出しを間違えるのは前代未聞? ファンとしては昔のメンバーが再び集結する姿を見たいものだが、実現する日は来るのだろうか。

本日の新着記事を読む