江戸時代には、今では考えられないような仕事をしている人がいました。たとえば「公人朝夕人(くにんちょうじゃくにん)」。将軍が用を足す際の世話係です。公人朝夕人の商売道具は銅製の筒。これを肌身離さず持ち歩き、将軍の近くにはべっていました。出番…


本日の新着記事を読む