"小国"日本が国策を誤って無謀な戦いを挑んだが定説となっているが、実は勝機は十分にあったのだ!!「作戦よろしきを得れば、日本は敗北することはなかった――」わずか1万数千の寡兵(少ない兵力)で22万の大軍を擁する張学良軍を撃破、"天才参謀"と称さ…


本日の新着記事を読む