東京生まれの代表的な鍋といえば、柳川鍋でしょう。開いて骨を抜いたドジョウをゴボウと煮て、卵でとじた料理。ウナギに劣らない滋養があって精がつくと、江戸っ子の人気を集めました。ドジョウを旧仮名遣いで書くと「どぢやう」。でも店の看板には「どぜう…


本日の新着記事を読む