天才・武藤敬司にとって、1995年はその華々しいプロレス人生の中でも絶頂期だった。5月に橋本からIWGP王座を奪取し、8月にG1初優勝。そして、伝説の10・9、Uインター対抗戦。現在も現役をつらぬくスターにとっての新日本、そして“アントニオ猪木1万円事…


本日の新着記事を読む